安定職のインフラエンジニア

インフラエンジニアの仕事は管理や保守を担うことになることが多いため、定められた時間通りに仕事を行えることが多い。特に各企業で社内インフラを担っている場合には通信障害の発生時を除けば、社員が働いている時間帯のみ勤務すれば良いということになる。
フレックスタイム制や二交代制等で仕事が行われているような企業においてはインフラエンジニアも交代制で行われるようなシステムができており、基本的には規則正しい時間帯での勤務を行うことができるのだ。管理や保守の仕事においてはそこに敷かれているネットワークやサーバー等について熟知していて、起こりやすいトラブルについて対応の経験があることが望まれるだろう。そのため、インフラエンジニアの仕事は比較的安定しており、業務内容や待遇に不満がなければ他のIT系エンジニアのように昇進や転職等を考えて休日を勉強に費やすことは必ずしも必要というわけではないと言える。そのため、休日を趣味や家族とのコミュニケーションに利用し、仕事とプライベートとを分けて両立させていくことができるという特徴がある。しかし、年収や仕事の違いを求めて転職を考える場合には、休みの日を利用するしかスキルアップを行えるタイミングはない。インフラの設計関連を行うより上位での仕事に就くことを目指して転職を行うか、フリーエンジニアとなって職場を変えながらインフラに関わる仕事を担っていくのが仕事を変える際の典型的な方法となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です