インフラエンジニアへの転職と業務の広がり

転職に際してインフラエンジニアの道を選ぶというのは、将来的に安定した仕事を得るためには良い手段だと言えるだろう。その理由は業務としてメインになるのは既存のシステム維持や運用であり、システム開発の最前線にあるような張りつめた空気がないため、晩年になっても働きやすい勤務環境ができているからである。特に特定のシステムに専属して維持や運用に当たる場合は新しいことを学ぶ必要性も低いことから、長らく経験を積んできた人にとって定年退職になるまで働くことが比較的容易になるという特徴がある。こういった仕事に要求されるのはハード面からソフト面まで幅広く深い知識と経験であり、特にトラブル発生時に速やかにその対処法に辿り着くことができるための経験が重視される。
一方で、新しいことを生み出す発想力や新しい技術を習得する学習能力はそれほど重視されないことから、幅広い分野で経験を積んできたベテランのエンジニアが重宝されるのがインフラエンジニアの業界なのである。そのため壮年期に転職をして、インフラを担い始めると安定して生涯にわたって仕事を続けていくことができるようになることが多い。一方、オンラインシステムやゲーム、アプリ等の維持や運用を担う人材としてインフラエンジニアが募集されるようになってきていることから、ハード面に長けていない場合にも担える仕事がある。そのため、キャリアに応じて転職先を選ぶことが重要になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です